ABOVE BIKE STORE

ABOVE BIKE NEWS

Home > News > BIZ > › EVENT > › ABOVE BIKE STORE > › CYCLOCROSS > › 全日本シクロクロス選手権大会 > 第21回全日本シクロクロス選手権大会のAfter Blog.

2015/12/08  第21回全日本シクロクロス選手権大会のAfter Blog.

快晴の東京。長野県飯山に向かっています。

須崎 真也さん(@abovebike)が投稿した写真 -


土曜日の朝、長野県飯山 長峰スポーツ公園に前日入りし、用意を整える。
いつもより更に緊張していた。そんなときは決まっていつもより口数が少なくなる。
次の日は僕達の大きな目標にしている全日本シクロクロス選手権の日。シクロクロス競技の日本一を競う大会が行われる日です。
走る事が許されるトップ選手は選出されるだけで大変な名誉。さらに鎬を削りあい日本一を競い合う激戦の地。
そんな場所に向かうと思うだけで、殺伐とした雰囲気を勝手に妄想し緊張を増大させていました。
助手席に座らせた娘と、到着した際に声を掛けてくれた662シクロ部の存在がどれだけありがたかった事か。

飯山晴れたよ!#cxjp #cyclocross #シクロクロス全日本選手権

須崎 真也さん(@abovebike)が投稿した写真 -


今回は選手のサポートに集中すると決めていた。丹念にコースウォークと試走をして頭にコースを叩き込む。
草陰に隠れた石や溝、切り株がパンクを誘い。張り出した大木の根と腐葉土に隠れた粘土質の地層は滑りやすいスリップゾーンに。
土曜日は良い天気。夜から雨模様。コースが変化する予想をして試走を終え、更に出来る準備に取り掛かる。
土曜日の試走後はナイターレース。タイプの違うタイヤとバイク。主戦機の選択は、次の日に持ち越し、
カーボンリム、フレームやフォークの泥溜まりが出来そうな場所にシリコンをたっぷりと塗りこみ、
チェーンは1コマずつ磨き、傷や開き、動きを入念にチェックしメカニックとして出来る事を整えた。
第21回全日本シクロクロス選手権
早朝からアップを開始する聖選手。シトシトと降る雨、強くは無い。
試走時にバイク交換の練習も兼ねて行い、レース直前の最終調整。前日とは比べ物にならない程滑るコース。
タイヤは泥をまとい、ドライブは短く刈り込まれた芝を巻き上げて毎周回ピットに入れたい位の汚れ方だった。
すぐさま用意した洗車機で洗い流し、タイヤをブラシング、サイドウォールに傷が付いていないかタオルで拭い上げる。
タイヤコンディションを確認して空気圧の調整。これを何度か繰り返した。
兎に角グリップを優先し1.5barまで下げ、タイヤはファンゴの方が喰うというライダー本人の意見を尊重し選択。
主戦機のMudman/マッドマンは普段サブ機で使っているトップスピードを殺したフロントシングル車を選択。
普段はフロントダブルを主戦機にしている聖。今思えば、ロードアジアチャンピオンのトップスピードに無理をせず、
もしもの転倒や、前日よりも荒れた路面でチェーンのテンションを高く保てるフロントシングル車を選択したのかもしれない。
KEI50145.jpg
さあ、いよいよスタートの時間がやってきた!混乱は無くスタートを切ったがやはり群を抜いて速いロードアジアチャンピオン。
第21回全日本シクロクロス選手権
舗装路は先行させてもテクニカルな林区間の手前で抜ければ差を広げられるはずだ。
第21回全日本シクロクロス選手権
思った通りキャンバーで苦戦するライバル。ピットから見えない区間は場内のMCで知る事が出来た。
第21回全日本シクロクロス選手権
次に見えた時、どの程度離されているのかが心配だった。が、思ったほど大きな差は無い。「抜けるぞ!ヒジリっ!!!」
第21回全日本シクロクロス選手権
心で唱えたはずの言葉は大きな声になっていた。作戦通りにテクニカル区間手前でライバルをパスし、林を駆け下りる。
第21回全日本シクロクロス選手権 第21回全日本シクロクロス選手権 第21回全日本シクロクロス選手権
九十九折で時おり姿を覗かせながら、テクニカルゾーンを終え、階段を上りそして駆け下りてピット脇を通過する。
第21回全日本シクロクロス選手権
「お前のレースだ!楽しんでいけっ!」織田監督のこの声に、前傾姿勢でニコリとし、「はーい」とヒジリが返事を返す程余裕があった。
織田さんはペース指示他、包括的なコントロールジャッジ。
僕はバイクやタイヤの泥の付き方、ドライブ周りチェーン等のコンディションと、毎周回何速で乗れているかをチェックしました。
第21回全日本シクロクロス選手権
1周回で15秒~20秒程度後続の選手を引き離し、独走を開始したヒジリの得意な勝ちパターンに入った。
1周回2700mと長いコースは、もしパンクしたら、もしチェーンが切れたら、もしRDがもげたらと考えるとまだ気は抜けない。
第21回全日本シクロクロス選手権
「織田さん、そろそろバイク換えよう。」「次ピットインだ!バイクチェンジ!」
タイヤやバイクに泥や草が積り始めた3周目にバイクチェンジを行い半周で渡せる様に洗車場へ走る。
汚れを洗い落とすとタイヤのダメージと、チェーンを握り締めて傷が無いかを素手の感覚で確認しながらオイルアップした。
ヒジリはレースを楽しんで走っている印象。大丈夫だ。タイヤもチェーンもダメージは少ない。
勝てるぞ!頼む、勝たせてあげてくれ!と祈りながらまだレースは終わっていないと判っているのに、
バイクを拭い上げながらもう涙が堪えられなかった。集中しろ、まだ終わってない。と自分に言い聞かせて、
第21回全日本シクロクロス選手権
もどかしい気持ちで40分間を過ごした時、女神はヒジリに微笑んでくれました。
第21回全日本シクロクロス選手権
ヒジリ、織田さん、とうとうやったね!日本一だよ!おめでとう!
第21回全日本シクロクロス選手権
僕も大きな緊張から解放され、しばらく放心状態。ようやく状況が把握出来た時は、また涙が溢れてきました。
第21回全日本シクロクロス選手権 第21回全日本シクロクロス選手権
ナショナルジャージに袖を通して心なしか、いつもより大人な顔つきに見えたのは僕だけではなかったはず。
第21回全日本シクロクロス選手権
皆様には朝一番のレースにも拘らず、今回も沢山の応援を頂き大きな力となりました。本当にありがとうございました。
この先の事など全く考えていませんでしたが、オダ ヒジリが 第21 回全日本シクロクロス選手権大会ジュニアチャンプとなり、
ベルギー/ゾルダーで行われる世界選手権への挑戦権を獲得しました。出場するには費用も大きく掛かるので、
出場はまだ決定ではありませんが、出場する事となりましたら皆様また応援を宜しくお願いいたします。
選手とチームが在っての事ですが、AboveのジャージとMudmanが全日本Jr,を獲得した瞬間でもありました。
チームオーナーとして、皆様には重ねて深く御礼申し上げます。ありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。
AboveBikeStoreCycleClub 須崎真也
文中で多く使わせて貰った写真は辻 啓に頂きました。本当にありがとうございました。

2015全日本シクロクロス選手権 速報版 from pigmon on Vimeo.

ピグモンさんもありがとうございます。KikuzoPhoto前川君も、シクロワイヤード綾野編集長BIKIN!tvも本当にありがとうございます。

Category全日本シクロクロス選手権大会

  • Above Bike Store年末年始営業スケジュールのお知らせです。
  • Steel Era(スティールエラ)を納車させていただきました。
  • Squid Bikes News & 年末年始営業スケジュールのお知らせです。
  • S-WORKS EPIC HT Repainted by Swamp Things
  • Steel Era(スティールエラ)を納車させていただきました。
  • Squid World Tour After Blog.
  • 最強の街乗り自転車、Steel Era/スティールエラをご紹介します。
  • Squid Bikes Emily Kachorek お疲れさまパーティ After Blog
  • Nobeyama Super Cross day2 After Blog.
  • Nobeyama Super Cross Day1 After Blog
  • Cycle Mode 2018 & Star Light Cross After Blog
  • Steel Era Mudwoman Single Speed
  • Handmade in Kanagawa Japan Mudman