ABOVE BIKE STORE

ABOVE BIKE NEWS

Home > News > BIZEVENTABOVE BIKE STORE Grinduro!

2017/11/09  "Smokin' Fire Road" CycleMode After BlogとSquidBikes来日のお知らせ。

84Yuk18j.jpg

先週末はCycleModeにご来場頂き誠にありがとうございました。


今回の僕達の出展テーマは"Smokin' Fire Road"スモーキン ファイヤーロード。
何を指しているのかというと、つい先日、MTBの産まれた聖地。アメリカ西海岸、中部のトレイルやGrinduro/グラインデューロを疾走った際に思いついたタイトルです。





Grinduroの動画をココに。Yossy動画編集ありがとう。
Grinduro/グラインデューロをご存じない方には昨年のエントリーをどうぞ。


雨の多い日本と違い、乾いた地域性を持つアメリカ西海岸、中部のファイヤーロードとは、そのトレイルが山火事などから見舞われた際に消防車が入り込めるサービスロードを指しています。


そのサービスロードが日本の林道や廃道とは違い、しっかりとグラベルが敷かれ、どこまでも長く整備されていて10%以上の急勾配は皆無。山頂まで大型車が入り込む事を考えられた極上のジープロードグラベルなのです。


山頂に着けばトレイルヘッドが数多く選ぶ事が出来、自分のレベルやバイクに合わせてコースを選択出来る夢のような時間です。景色を見渡せば、抜けるような青い空、そして海、遠くに覗く摩天楼とGGB。そんなトレイルやグラベルを仲間と疾走った際、巻き上がる"砂ぼこり" 。


今回の出展テーマは"Smokin' Fire Road" 「アメリカMTBの聖地を、昨今のスペックを持ち合わせたグラベルバイクで疾走る」です。32c程度までのタイヤが入るグラベルロード、40~50c程度のタイヤまで入るオールロード、その中間に位置するシクロクロスバイク等など、


オーナーの楽しみたいフィールドに合わせて、AboveBikeStoreがワンバイワンで製作したハンドメイドバイクを数多く展示させて頂いたお陰で、沢山の方々にお声掛けを頂戴致しました。僕達の予想を上回る、大変実りの多い展示会となりました。この場をお借りして深く御礼申し上げます。


さて、CycleMode2017が終わり、次回の出展はRapha野辺山SUPER CROSS UCI Race、その次週は秋ヶ瀬の森Bikeloreへと続きます。


ここでお知らせ致します。この大きなイベントに予てからオファーをしていた素晴らしいチームをアメリカから招待致しました。





Grinduroのアンバサダーも努め、今年2月のCyclo Cross 東京でも好成績を残した、西海岸の風を感じる大人気ガレージブランドSquidBikes/スクイッドバイクです。そんな彼らが11月21日~12月5日の予定でフルメンバーが来日致します。





今季はとても調子が良いようでUCIレースで数多く優勝しています。だけど、速いだけではない、彼らの楽しむスタイルを皆さんに感じて頂けることと確信しています。





最近にわかに人気の集まっているアルミフレームのハンドメイドバイク。スチールのハンドメイドに比べると遥かに軽く、SquidBikesを通しブラシアップされたVentana Mountain USA/ベンタナがハンドメイドで製作する軽量アルミフレームです。



Squid Bikes @ Above Bike Store, Feb.13 2017 from Toshiki Sato on Vimeo.


AboveBikeStoreにもSquidBikesチームのレース車とフレームを在庫をしております。来日後はきっと混み合いますので皆様ご注文はお早めにご検討頂けますと幸いです。





SquidBikes Frameの詳細ページはこちら。


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryCYCLE MODE Compass Cycles Cyclo-cross東京 Grinduro! STAR LIGHT CROSS スターライト幕張 バイクロア 野辺山シクロクロス

2017/11/04  Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.

_MG_8462.jpg
Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.
Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.
Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.
Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.
Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.
Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.


Kualis Cycles Titanium Frame と Parlee Forkのペイントをご依頼いただきました。


ヘッドチューブとフォークのラインは一直線に繋がるよう配置。その他塗りわけ等もご希望のアートワークを施しました。お待たせいたしました。


Above Bike StoreではKualis Cyclesの取り扱いを行っております。


カスタムオーダーメイドでフレームを作るという選択。


お客様にとって、世界に一台と言う、唯一無二のバイクの製作をAbove Bike Storeでお手伝い致します。


完成したフレームはAbove Bike Storeのインハウス塗装工房「Swamp Things(スワンプシングス)」にてご希望色にペイントを施し、お渡しいたします。


Ti frame set, frame price in 2017
*Paint 代、消費税は別途。

Material/ High quality 3Al-2.5V CWSR Titanium tubing (straight gauge, double butted)

-FRAME SET-
1. Frame + ENVE fork + SP clamp
2. Frame + PARLEE fork + SP clamp
*PARLEE は44mm, Tapered HT のみの対応。1 1/8 HT, CK headset には対応しません。
Cane Creek 110 対応となります。

Road/ 440,000
*KUALIS オリジナルTi D.O (リアエンド) 使用
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT (integrated) の中から選択可 
*Tapered HTは+20,000円となります。

CX, Disk road/ 455,000
*フレーム、フォーク共にQR or TA 選択可
*KUALIS オリジナル Ti Disk D.O (12mm) 使用 (TA 仕様の場合)
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT の中から選択可 
*Tapered HTは+20,000円となります。
*ENVE disk road forkのTA 仕様はGravel RD fork (+15,000円) になります。
*ENVE disk CX forkのTA 仕様は エンド12mm サイズとなります。
*PARLEE はNo charge で選択可   
*PARLEE disk road/CX fork 共にTA仕様はエンド15mmサイズとなります。
(Flat mount仕様のroad, CXはTA/12mm)   


-FRAME- (Frame + SP clamp)

Road/ 370,000
*KUALIS オリジナルTi D.O (リアエンド) 使用
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT (integrated) の中から選択可 
*Tapered HTは+15,000円

CX, Disk road, MTN/ 385,000
*D.O (リアエンド) はQR or TA 選択可
*KUALIS オリジナル Ti Disk D.O (12mm) 使用 (TA 仕様の場合)
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT (integrated) の中から選択可 

*Tapered HTは+15,000円

------------------------------------------------------------------------

STEEL frame set, frame price in 2017
*Paint 代、消費税は別途。

-Material
*High strength, light weight KUALIS original size and butted KAISEI GIGA tubing
*High grade Columbus tubing, Reynolds tubing

-FRAME SET-
1. Frame + ENVE fork + SP clamp
2. Frame + PARLEE fork + SP clamp
*set 2 は44mm, Tapered HT のみの対応。1 1/8 HT, CK headset には対応しません。
Cane Creek 110 対応となります。

Road/ 215,000
*KUALIS オリジナル Steel D.O (リアエンド) 使用
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT の中から選択可 
*Tapered HTは+10,000円

CX, Disk road/ 230,000
*フレーム、フォーク共にQR or TA 選択可
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT の中から選択可 
*Tapered HTは+10,000円
*ENVE disk road forkのTA 仕様はGravel RD fork (+15,000円) になります。
*ENVE disk CX forkのTA 仕様はエンド 12mm サイズとなります。
*PARLEE はNo charge で選択可   
*PARLEE disk road/CX fork 共にTA仕様はエンド15mmサイズとなります。
(Flat mount仕様のRoad, CXはTA/12mm)   

-FRAME- (Frame + SP clamp)

Road/ 168,000
*KUALIS オリジナル Steel D.O (リアエンド) 使用
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT の中から選択可 
*Tapered HTは+10,000円

CX, Disk road/ 178,000
*D.O (リアエンド) はQR or TA 選択可
*HT は1 1/8, 44mm, Tapered HT の中から選択可 
*Tapered HTは+10,000円


ご質問、ご注文等は随時Above Bike Store店頭にて承っております。お気軽にご相談ください。


SWAMP THINGS from goooove on Vimeo.

Above Bike Store Presents : SWAMP THINGS

goooove : Director / Editing / Camera
Swamp : Painter
Above Bike Store (http://www.abovebike.com/)




■サイクルモード出展に伴う店舗休業のお知らせ■
11月3日(金)~5日(日)幕張メッセにて開催されているサイクルモード、Above Bike Storeブースには連日沢山の方にご来場頂き本当にありがとうございます。

今回もMudmanを中心にハンドメイドカスタムバイクを展示しています。各ビルダーもブースにおりますので、気になるあれこれを直接ご覧頂き、ご質問頂けるチャンス。

出店テーマは"Smokin' Fire Road"。つい先日訪れた、アメリカ西海岸やコロラド州Fruita Desert/フルータ デザート等、マウンテンバイクが産まれた聖地を今のスペックのグラベルバイクで走り、シェラネバダ山脈で行われたGrinduro/グラインデューロにも参戦した報告会をトークショー形式で行います。明日最終日は 15時30分スタート予定。

幕張メッセブース3-100で皆様のご来場をお待ちしております。紫色のドラム缶が目印!

サイクルモード出展に伴い11月5日(日)はAbove Bike Store実店舗をお休みさせて頂きます。ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。


Cycle Mode 2017


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryBIZ CYCLE MODE EVENT FRAME & COMPLETE BIKE FRONT FORK Grinduro! Kualis Cycles Kualis Cycles PAINT PRODUCT Parlee Parlee

2017/11/03  Cycle Mode 2017 本日から。

23116958_10212964312016117_4997284752666566525_o.jpg
Grinduro2017


いよいよ始まりました、日本最大級の自転車スポーツ自転車フェスCycle Mode 2017。僕らAbove Bike Storeは昨年に引き続き今年も出展させて頂いています。ブースは3-100。

今回もMudmanを中心にハンドメイドカスタムバイクを展示しています。各ビルダーもブースにおりますので、気になるあれこれを直接ご覧頂き、ご質問頂けるチャンスです。

出店テーマは"Smokin' Fire Road"。つい先日訪れた、アメリカ西海岸やコロラド州Fruita Desert/フルータ デザート等、マウンテンバイクが産まれた聖地を今のスペックのグラベルバイクで走り、シェラネバダ山脈で行われたGrinduro/グラインデューロにも参戦した報告会をトークショー形式で行います。第1回はこの後12:30頃から! *第2回 11月4日(土) 14時〜 *第3回 11月5日(日) 14時〜

さらに本日3日(金)14:00~全日本女子ロードチャンピオンの與那嶺 恵理さんとコーチの武井きょうすけさんが来場してくださり、トークショーを開催してれます。題して【與那嶺 恵理が見た女子World Pro Tourの実際】

皆様是非お誘い合わせの上会場にいらして下さい。

幕張メッセブース3-100でお待ちしております。紫色のドラム缶が目印!


Cycle Mode 2017


■サイクルモード出展に伴う実店舗営業スケジュール■

サイクルモード出展に伴い11月5日(日)はAbove Bike Store実店舗をお休みさせて頂きます。ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

*11月3日(金)12-20時 通常営業(サイクルモード1日目・STAR LIGHT CROSS開催)
*11月4日(土)12-20時 通常営業(サイクルモード2日目)
*11月5日(日)Above Bike Store実店舗臨時休業(サイクルモード最終日。幕張メッセでお待ちしております。)


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryBIZ CYCLE MODE EVENT Grinduro! スターライト幕張

2017/02/24  Squid Bikes Demonstration After Blog.

Squid Bikesのデモンストレーションには、週の始め平日の夜にも関わらず、沢山の皆様にお集まり頂きありがとうございました。


お陰様で、最高の雰囲気で彼らと楽しい時間を過ごす事ができた事、本当に嬉しく思っています。


整った顔立ち、多くのTattooとクールなチームキット、Splayを使い自らペイントを行ったりと、エキセントリックな部分が際立つ様に見えるSquid Bikesですが、その反面、表立って多くを見せない目立たぬ部分は、至極真面目で真っ当な部分が下支えしている事のは云うまでもありません。先日はそれを創り出す彼らの人柄に触れて益々ファンになって頂けたと思います。


今回来日した彼女達について、少し詳しくご紹介します。


SAMMI RUNNELSは、Fixed GearではRedHookCritのプロ。2016年度の個人順位は49人中8位の好成績をあげ、その他にもMTB、Cyclo-Cross、と多くの競技で活躍するテキサス在住のプロライダーで、メッセンジャーでもあります。SquidBikesには今季より加入し、早速幾つものポディウムを獲得し実績を多くあげています。





マサチューセッツ州の西側に拠点をもつANTHONY CLARKは、4xNational Cyclocross Champion "Jeremy Powers"によって発掘され、長い髪と豊富な入れ墨で、レース中はアナウンサーにサイクロクロスの「David Lee Roth」とあだ名されています。彼はJeremy自身の開発プログラムであるJAM Fundで最初に育てられたいわば一番弟子的存在。地元に近いUCIレースを探してみると、彼は必ずフロントローに並んでいて、彼の期待値と実力の高さを簡単に見つけることが出来ます。2015年よりSquid Bikesとプロ契約を獲得。






SquidBikesのチームメカニックであり、ストリートカルチャーにも精通している彼は、Christopher Namba。目立たぬ影の存在ですが、SquidBikesの屋台骨を支えている経営者の一人で、クールなジャージキットのデザインも行っています。


_MG_0319.jpg


動画でペイントを行っているのがEmily Kachorek。SquidBike創業者で千森杯UCIシクロクロスで優勝経験の在るアスリート。アメリカで話題のGravel+Enduro Race Grinduro!等にも招待選手として呼ばれるレジェンドライダーでもあります。


僕は彼女と話すことが多かったので色々と聞く事が出来ました。シリアスに結果を求められるレース機材でプロとして多くの時間を過ごしてきた彼女。機材としてはもちろんですが、もっと、シクロクロスを気軽に始められて、楽しみとオリジナリティーを共有出来て、なおかつアメリカンなバイクを供給したかったのだと話します。クールなジャージキットのメインデザインも彼女がこなしています。SquidBikesの拠点はサクラメント CA。今年のGrinduro!にも、もちろん参加するし、日本からの参加ももちろん歓迎しますとのこと。最高のトレールに連れて行ってくれるそうです。


@squidbikes #rattlecan session at @abovebike. Performed by @eekachorek and @nommeke 🦑🦑🦑. #squidbikes

toshikisatoさん(@toshikisato)がシェアした投稿 -



And so, God created bananas 🍌 #squidbikes

toshikisatoさん(@toshikisato)がシェアした投稿 -



Work in progress. #squidbikes #rattlecan #abovebikestore

toshikisatoさん(@toshikisato)がシェアした投稿 -



Head on out to #abovebikestore to check out this rad #squidbikes frame 👺👺👺 Work of art 🦑🍌💥💥💥 #rattlecan

toshikisatoさん(@toshikisato)がシェアした投稿 -







You guys really know how to party! Thanks @abovebike for the rad party. #squidworldtour #squidbikes #rattlecan

Sammiさん(@aunicornvomited)がシェアした投稿 -



When you find the fixie bros in Tokyo. This one goes out to @stayalivestudio #messlife

Sammiさん(@aunicornvomited)がシェアした投稿 -


party time #squidbikes #abovebikestore #squidworldtour

Naked Horse Cycle Teamさん(@nakedhorsecycleteam)がシェアした投稿 -




Spraying bikes in Japan! #noboringbikes #Rattlecan #inprocess #spraydotbike

Squid Bikesさん(@squidbikes)がシェアした投稿 -



The finished product! Thanks for a such a rad night Tokyo ✌🏼Check out the link ☝🏼#Rattlecan #cxtokyo #noboringbikes #spraydotbike #custompaint

Squid Bikesさん(@squidbikes)がシェアした投稿 -



ご参加頂いた皆様よりお写真いただきました。


SquidBikeTeamがデモンストレーションしたフレームはAbove Bike Store店頭でご覧頂けます。そして、SquidBike Frame(Made in U.S.A.) の取り扱いも開始いたしますので、気になっている方はどうぞ店頭までご来店ください。Above Bike Storeのインハウス塗装工房「Swamp Things(スワンプシングス)」にて塗装を承る事も可能です。


どうぞ宜しくお願い致します。


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryBIZ CYCLOCROSS Cyclo-cross東京 EVENT FRAME & COMPLETE BIKE Grinduro! PAINT PRODUCT Squid Bikes Squid Bikes

2016/10/20  Grinduro! 2016 trip.その3。

前回迄の続きGrinduro!のBlogその3です。


前回のエントリーその1。と、エントリーその2。はこちらをご覧ください。


今回の旅の目的はGiroが主催するライドイベントのGrinduroに参加が主だった目的です。


まだ耳慣れないGrinduro!(グラインデューロ)とはGravel Grinder+Enduroが合わさった造語(だと思っています)


要はグラベルのエンデューロレースです。イメージが付きづらい方に動画を貼っておきますね。↓





今回は当日レースの様子後半をレポートします。


TaylorsVilleでランチを挟み復活した後に、第2の剣山に向かいます。


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


この区間はDeath climbと呼ばれる難区間。一つ目よりも更に鋭く、食後には厳しい斜度17%超えが10km程度続きます。


32cのクロスタイヤでは中々グリップせず登坂がキツいこと。。兎に角コシにきました。早々と歩く人が続出する程で、


思わず僕も足を付きそうになりました。登坂は淡々と登るが鉄則ですが、圧倒的にギアが足らないのと、


キャタピラ痕の付いていてグリップする路面を選びながらなので、スンナリとは登らせて貰えません。脚はカッチカチ。


なんとか堪えて登りきった頃には疲労度もピークを迎えました。


Grinduro!2016


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


#grinduro !

hatoyagi-kentaroさん(@hatoyagi)が投稿した写真 -




↑頂上に着くと一番遅かった僕をエイドで皆が待っていてくれました。合流できて良かった。今まで苦しく沢山登った後は


ご褒美とも言えるシングルトラックが続きます。このシングルトラックが最高で、ちょっと怖かったですが勢い良く下りました。


Grinduro_2016_103


#grinduro #sierranevadamountains #mudmanbros #tkctour #gravelride #abovebikestorecycleclub #grindurotrip

須崎 真也さん(@abovebike)が投稿した写真 -




Spencer Rathkamp previewing stage four -- the Mt. Hough singletrack descent. Image by @meagherdude

GRINDURO!さん(@grinduro)が投稿した写真 -
















こんな夢の様なシングルトラックが10km以上続きます。一応下準備として、Grinduro!のウェブサイトに行き調べたのですが、


そこには、"シクロクロスバイクが有効で25ç以上のタイヤをお勧めする"と書いてあったので、それを信じてみました。


僕のBike、Mudman CXのタイヤにはGravelKing 32cを装着。結構グリップしたので快調に飛ばしてたのですが、


それを遥かに上回るスピードでMTBに煽られ、道を譲らないと崖に落ちそうになる。もしくは岩にぶつかりパンクするスリルと隣あわせ。


道を譲っても、MTBが巻き上げたカラカラの砂埃は煙幕の様に立ち込め、路面の状況も見えなくなると言うエグいこの状況。


クロス車でも、もちろん最高に楽しかったですが、ほとんどサドルに座る事が出来無いMTBのDHコースでは、上半身を使いまくり。


タイヤは35c~40c程度に太い方がもっとスピード域を上げて楽しめただろうなと思いました。


Grinduro!のインフォメーションはもっと上級者に向けてのアナウンスだったのかと痛感するのでした。


What a trail, what a ride! #Grinduro

hirohide kubotaさん(@hirohide_kubota)が投稿した写真 -




今思えば初めて走るシングルトラックをこんなに攻めて走れたのは最高のコースと、MTBにツンツン煽られたからかも知れませんね。


間違いなく僕は、怖いと思う自分の壁を突き破れた気がします。中々出来ない経験をさせて頂きました。


Grinduro 2016


The final aid station/cocktail bar at #Grinduro was pretty fun. Still recovering.

Ben Jonesさん(@jonesbenjamind)が投稿した写真 -




最後のAIDでエナジードリンクを配っていたので有難く頂戴し、皆で健闘を称え合います。


#Grinduro finisher's legs. #TheAthletic

hirohide kubotaさん(@hirohide_kubota)が投稿した写真 -




Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


すると何やら奥から楽しそうな賑やかな声がします。みんなテンション上がりきってます。最高のひと時でした。



GRINDURO LAST AID. from AboveBikeStore on Vimeo.




Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


この後もライブやアワードの発表が在り、会場は大盛り上がり。ケイタリングの夕食とシェラネバダをタップリと頂きながら長い夜が続きます。


2400mUp,100km、走った走行距離こそ大した事無い距離ですが、殆どが未舗装路で、MTBのDHとなると、


身体へのダメージは脚だけでは無く、上半身もクタクタになります。僕は久々に抜け殻のようになりました。


IMG_3690


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


Grinduro!を走ってみて


改めてGravel BikeやAll Road Bike(オールロード/名前の通り。まさにシクロクロスとマウンテンバイクの美味しいトコ取りなバイク)の


可能性と必要性を身を持って感じました。


そして、まだ始めて2年なのにイベントGrinduro!の完成度の高さに驚かされます。


ライドはもちろん、フード、ライブ、コンシューマーの五感を刺激し満足させる主催者GIROにはリスペクトしかありません。


昨年の参加者が400名、今年は700名以上と大幅に参加者が倍増していて、人気の高さを物語っていますが、トレイルの修繕と維持の為、


参加者を増やし過ぎず今回の人数に留めて地元への配慮をしている点でも感心するばかりです。


コレにてGrinduro!のBlogは完結。次回は時系列を戻しPortland Tripのエントリーを書きます。皆様宜しければお付き合いください。


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074




21547800530_65b692c488_o.jpg

    CategoryGrinduro!

2016/10/17  Grinduro! 2016 trip.その2。

前回の続きGrinduro!のBlogその2です。前回のエントリーはこちらをご覧ください。


今回の旅の目的はGiroが主催するライドイベントのGrinduroに参加が主だった目的です。まだ耳慣れないGrinduro!(グラインデューロ)とはGravel Grinder+Enduroが合わさった造語(だと思っています)要はグラベルのエンデューロレースです。イメージが付きづらい方に動画を貼っておきますね。↓





今回は当日レースの様子をレポートします。


レーススタートは8時です。それまで会場内で用意されたブリトーとコーヒーの朝食で満たし、ゆったり朝の時間を楽しみます。朝は2℃と厳しい寒さですが次第に木漏れ日が差し始めます。サイクルジャージに着替えてバイクの準備を整え、いよいよスタートの時間を迎えました。


アメリカ各地から集ったライダー達は自慢のバイクに跨り、総勢700人を超え長蛇の列は壮観でした。スタート前に主催側から簡単な注意がありました。"当日のコースは、普段走行不可で、林業の人達がガチで使っている場所。Grinduro!の開催時のみ使える道だから今日を十分に楽しんで!""コースは許可を取っているけど、廻りの人に気を配って" とかまあ、普通の事に注意していれば大丈夫そうです。





*スタート前にハーモニカでNational Anthemが演奏され、あぁ、アメリカに来てるんだなと実感するのでした。


Course.jpg


↑これが今回走ったコースです。エントリーをすると、チップ付きゼッケンプレートと共に皆に配布されます。コースマップを一見すると、AID Stationが少なく見えますがこれ以外にも4~5箇所のAIDが多数存在していました。点線と実線を見て想像して頂ければと思います。太い点線は場所によって質の違いを楽しめるグラベルダートで、細かな点線はシングルトラックです。


その下にある高低差を表すマップは、紫色に塗りつぶされている場所が4ステージあり、各区間がセグメントになっています。グラベルの上り1.6km、グラベルの下り10km、ちょっとしたインターバルが掛かる下り基調の平地10km、シングルトラックのダウンヒルが5.7kmと言った具合。なかなか楽しそうなコースですよね。


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


*スタート前に皆で記念撮影してボチボチとスタートします。まだこの頃は余裕の表情です。


Grinduro!


スタートの動画を撮っていて、先頭は遙か彼方に行ってしまいましたが、"Grinduro is not just a bike race"皆で談笑しながらコースをなぞり始めます。スタート地点は標高1000m。直後はかなりの寒さで、指の感覚が麻痺するぐらいです。でも3kmも走らないうちにダートが始まり、早速カツンと1200m登ります。


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


この道が普段ガチ林業の道で、場所場所で5%~15%AVE10%と言ったところ。斜度のキツい場所は、重い木材を運ぶ際に付いたであろう重機のキャタピラ痕が延々と続き、選んで走らないと登れない場所もチラホラ。おのずと蛇行は許されず、直登を強いられるのでコレがフロントシングルのCXではギアが足りず中々キツかったです。


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


この辺りで、登りでも広いタイヤ幅のバイクにアドバンテージが在ることに気が付かされます。今回僕はMudmanにGravel Kingのクリンチャー、そしてフロントシングル、リア11/29tで望んだ訳ですが、細かな段差を物ともせず登るには、エアボリュームがもう少し必要だなと感じました。斜度がうまく出せた写真がないのですが、箱根旧道が全てグラベルになった感じ×2回だと想像して頂ければと思います。空気がカラッカラに乾いているので景色は最高です。でも空気が段々と薄くなり始めます。


Grinduro! #girocycling #grinduro #gravelride #tkctour #abscc #abovebikestore #mudmancx #mudmanbros

須崎 真也さん(@abovebike)が投稿した写真 -


More Gear!

Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF
早速シェラネバダを勧められる。

Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF

まだ元気です。
一つ目のAIDを過ぎ、途中セグメントがありましたがキツくてよく覚えていません。その後もせっせせっせと10km程登りようやくピークを迎えました。ピークに近付くと赤い土質に変わり始め、なんと残り雪まで。ヒンヤリする訳だ。ココから一気に下ります。


Grinduro!2016





This is not a typical bike touring. This is on the way #Grinduro ! #mycanyon #rapha

Teisuke Morimotoさん(@teisuke)が投稿した写真 -




Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF


下り始めると又直ぐに土質が変わり、今度は尖った岩や石が無数に転がるグラベルに。所々穴まで空いてます。少し慎重になりながらもグラベルの下りを楽しみました。この時に注意したのは仲間と一緒に走ると、巻き上げた砂埃の量が凄く、路面状況が分からなくなる事。少し間を空けて走りました。下るに連れグラベルが少しずつルーズに深くなり始め、先行したライダー達が付けていった轍を見つけ、足を出しながらスピードを殺さずに丁寧になぞります。シッカリと登った分を下りきって平地のセグメントを過ぎればお待ちかねのランチストップです。


Grinduro!2016


お腹が空いていたので、サラダとベジタリアンブリトーをむさぼるように食べました。そんな時、可愛い女の子から声を掛けられて、「ケイトリン知ってる?」と訪ねられ、みんなキョロキョロ。「オースチンから来たの?」と声を掛け、ほんの少しだけ話しをしました。日本に外国人が旅行に来ていると目立つ様に、僕達も白人しか居ないQuincyの街では少しだけ目立ってた様です。よく見たら廻りは業界人だらけです。


Grinduro lunch... #grinduro

David Reeckmannさん(@davidreeckmann)が投稿した写真 -




Lunch Break #grinduro @dani_mariea + @sofithevilla

tenspeedherolukeさん(@tenspeedheroluke)が投稿した写真 -




ランチを挟み復活した後に、第2の剣山に向かいます。が長くなったのでその3に続きます。


その後レースの事は又時間を作り書いてみたいと思います。小出しにしてすみませんが皆様よろしければお付き合いください。


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryGrinduro!

2016/10/17  Grinduro! 2016 trip.

Sierra_Nevada_aerial.jpg


10月3日から12日までアメリカ出張に行ってきました。Portlandから入ったのですが、その時系列を無視し、Grinduro!のBlogを先に書こうと思います。


今回の旅の目的はGiroが主催するライドイベントのGrinduroに参加が主だった目的です。まだ耳慣れないGrinduro!(グラインデューロ)とはGravel Grinder+Enduroが合わさった造語(だと思っています)要はグラベルのエンデューロレースです。イメージが付きづらい方に動画を貼っておきますね。↓開催場所はアメリカ合衆国カリフォルニア州東部を縦貫するシェラネバダ山脈の北東部、標高1000mの田舎町Quincy。





僕達はPortlandからミニバンのレンタカーで2チームに別れ南下しました。早朝にスタートして向かったのですが結構な時間が掛かりました。フリーウェイ5号線をWeedという街で降りてから下道の山越えが長く続きます。別チームはシェラネバダの湖で写真を撮る等、楽しんでいたようです。


Grinduro! 2016Trip,Oregon&SF
*いい写真だ。ジワジワ来る。


街頭等全く無く、曲がりくねった山道をひたすら進み、Quincyに到着する頃には既に夜8時をまわっていました。楽しげな音楽と談笑がこだまする会場プラマスカントリー・フェアグラウンドでは、既に前夜祭が始まっています。寒いながらも最高の雰囲気を満喫しつつ、夜10時を迎える頃に日本から持ってきたテントを組み立てながら、落ちて来そうなくらい美しく輝く星を鑑賞しキャンプを楽しみました。


am5 #grinduro

Takashi Oguraさん(@oguuu)が投稿した写真 -




翌朝は、5時に目覚めて起きてすぐにエントリーをすませます。事前にエントリーを済ませておいたのであとは受取りのみ。参加費用200ドルには、レースエントリーフィー、当日3食分の食事と、コーヒー、ビール、ライド中に多数設けられているエイドの数々、キャンプサイトの宿泊、Grinduro!のオリジナルグッズ多数が含まれています。この充実ぶりには本当に驚きました。


This time on Saturday morning... despite a chilly start we warmed up fast! #Grinduro

GRINDURO!さん(@grinduro)が投稿した写真 -




#quincy #grinduro #maxinandrelaxin good luck up mt hough

Ian Bearさん(@tequilagrapefruit)が投稿した動画 -




レーススタートは8時です。それまでの時間を用意されたブリトーとコーヒーの朝食で満たし、ゆったり朝の時間を楽しみます。朝は2℃と厳しい寒さですが次第に木漏れ日が差し始めます。サイクルジャージに着替えてバイクの準備を整え、いよいよスタートの時間です。自慢のバイクに跨り、アメリカ各地から集ったライダー達は総勢700人を超え長蛇の列は壮観でした。





と、その後レースの事は今日の夜にでも時間を作り書いてみたいと思います。小出しにしてBlogを書いていこうと思いますので皆様よろしければお付き合いください。

ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryGrinduro!

  • Kualis Cycles Titanium Frame & Parlee Fork Painted by Swamp Things.
  • Cycle Mode 2017 本日から。
  • Squid Bikes Demonstration After Blog.
  • Grinduro! 2016 trip.その3。
  • Grinduro! 2016 trip.その2。
  • Grinduro! 2016 trip.