ABOVE BIKE STORE

ABOVE BIKE NEWS

Home > News > PRODUCTCLOTHING & BAGApidura

2017/01/19  Slate / スレートで行くツーリングの勧め。その2

Touring 2016~2017


相棒CannondaleのSlate/スレートで年末から年始にかけてツーリングに出かけたお話の続きです。


前回のエントリーは、こちらをご覧下さい。空港での輪行や、ふと思い立ったその時でもエアチケットの取りやすい方法などを書きました。


Touring 2016~2017


高松空港に到着すると、待つこと無くプライオリティーラベルを貼られたSlateが、伝えた通りにディレーラー側を上にした状態で出てきました。baggage claimの隅っこで輪行バッグからバイクを出して簡易工具で前輪を取り付けます。HUBとブレーキキャリパーを5mmのヘックスで締めてセット。なんとも簡単です。


バイクのセッティングが終わったら輪行バッグを小さく畳んでApiduraのサドルバッグの一番奥にしまい込みます。僕はいつもそうなのですが、出来るだけ重量のあるものや、使用頻度の少ないモノを奥にしまいます。重いものがシートポスト側に在った方がサドルバッグが振られ難くなります。バイクも普段と変わらずにコントロールしやすく為るという事は即ち疲れにくくなって旅の質を上げることに直結するからです。


Touring 2016~2017


 用意を済ませ高松空港から。いざ徳島へ。少し曇りがちな天気でしたが5分も走れば寒さを忘れていました。初めて走る場所は刺激的なのでペースが上がります。が、旅の初日だったので足慣し的に走る事を心掛けました。特にその土地の匂いや雰囲気は旅でしか感じる事が出来ませんので、気になる物や良い香りが漂えば直ぐに足を止めてみます。通りがかりの道端で讃岐うどんを食べました。お店で流れているローカル番組と、少し柔らか目のうどんの香りに癒やされます。600円でこの量です。そして美味しかった!


Touring 2016~2017
Touring 2016~2017
Touring 2016~2017
Touring 2016~2017


海沿いの道をしばらく進み、津田の松原でキレイな砂浜と海の香りに包まれ暫くボーとしました。知らない土地でチョットした寄り道が気持ちをリフレッシュさせてくれます。ちょうど良いタイミングだったようで幸運な事に向かい風も少なく、鳴門を抜け程なくして徳島市内へ目的地の一つ2度目の移転を終えたばかりのSiokaze Storeに到着。移転する度にベースアップする新しい店舗に目を見張りました。天井が高くて羨ましい。キレイな店内からいつもの元気な2人が迎えてくれました。彼らは、RaphaPrestige上勝のコースディレクターでもあり、"Shiokaze"という2014年まで毎年行われていたFixed Gearイベントの中心人物で、地の利を得た徳島を代表する自転車店です。徳島を走りたい方や、美味しいお店、もちろん自転車の事も気軽に相談に乗ってくれます。是非お近くに行った際には立ち寄って欲しいお店です。


Touring 2016~2017


Shiokaze Storeを訪れた後は後ろ髪をひかれながらバイクを鳴門に向けます。鳴門にはRideBagがあります。かつては東京・渋谷のど真ん中に事務所を構えていたRide Bagですが、数年前に徳島へ移住し今は徳島を拠点に日々進化しながら新しいプロダクトが生み出しています。そんな彼の家に今回もお世話になりました。今回の旅の趣旨を話しながら、ビールを片手に夜遅くまで語らいました。たったの数時間でも、僕にとって最高の価値が詰まった掛け替えのない時間でした。


Touring 2016~2017
Touring 2016~2017
_MG_1909.jpgのサムネール画像


そんな旅の初日を終えて、この日は就寝。ブログはまた次回に続きます。




ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryApidura BIZ CLOTHING & BAG Cannondale FRAME & COMPLETE BIKE JANDD PRODUCT THE RAPHA FESTIVE 500 TOURING

2017/01/10  Slate / スレートで行くツーリングの勧め

_MG_1909.jpg


 以前からやってみたかったので、念願叶って年末から年始にかけて、香川~川崎をツーリングしてきました。今回は年末の帰省ラッシュにも突入していた時期で、行ける場所にも制限がありました。福岡から本州横断も考えましたがビジネスクラスを含めてチケットが完売。ANAのサイトを色々物色していると、たまたま運良く四国香川行きのチケットに空きが在り、そこからペダルを踏んで帰ってくる事にしました。


プランは決めず、決めていたのは季節風が向かい風にならない様、羽田から飛行機で輪行して、西から東に向かって帰ってくることだけ。宿の手配は走りはじめて、その日の調子で決めると言った、それはそれはユルイもの。その土地の美味しいものや、美しい景色を堪能しながら何も決めずに、ただただ走るだけです。


 輪行を躊躇される方が多いようなので少し書くと、僕の輪行は空港で前輪だけを外し、タイオガの輪行袋にツーリングバッグごと自転車を詰め込んで、手荷物カウンターで必ずディレーラー側を上にして欲しいと伝え預けるだけです。パッキングの所要時間は多く見積もって10分。国内の移動はこれで今までノートラブルです。


輪行のコツって程の事ではないですが、ガチ繁忙期だったので普通にチケットを取ると高額になりやすい時期。出発直前にチケットを取る方にお勧めしたいのは大黒屋で3~4000円程度の株主優待チケットです。コレがあれば完売チケット以外は、盆暮れ正月繁忙期でもチケットが半額で乗れて、キャンセル待ちも優先的にチケットを取得出来ます。チケット代は23000円。スカイコイン(マイルを仮想コイン化したもの)が在ったので実質0円です。


大きな荷物でアップチャージになる格安航空会社の持つサービスは僕にとっては格安では無い事に気が付かされます。ANA正規価格と比較して、ビジネスでもお釣りが来る計算です。荷物も優先的に受け取れ大変丁重に扱われている印象。日本の航空会社はサービスも優秀でかつ安いと断言出来ます。トラブルで旅が台無しにならない事が最も優先すべき事ですから。一つ申し上げればサイクルウェアで飛行機に乗ったのは初めてでオジさんのピチピチハラスメントとクレームが入らない事を祈りました。
 

 今回はキャンプライドではありません。大きなパニアバッグを前後左右に取り付け、何ヶ月にも渡る長期ツーリングでは無いのでキャリアレス。メインバッグはApidura bagsハンドルバッグサドルバッグRevelate Designsフィードポーチだけです。
キャンプライドも楽しいのですが、どうしても荷物が重装備になりやすく、年末年始の忙しい時期に、テントを張らせて貰える場所を交渉したり、食料の確保が手間だったので、徳島では友人の家と、後はビジネスホテルをハシゴする事にしました。コレで荷物はだいぶ減ります。最近のビジネスホテルはとても綺麗で格安、良サービスとの噂を聞き、宿泊も楽しみの一つでした。



 
相棒はCannondaleのSlate/スレート。フロントサスペンション付きのオールロードバイクです。オールロードとは名前の通り、変化する様々な環境でも、楽しめるそんなバイクを指します。トップスピードを楽しむロードバイクや、荒れた道を楽しむMTBも、それぞれに楽しいのですが、その両方の特性を持ったSlate/スレートは気まぐれ旅のベストな相棒でした。


行程は結果的に6日間。長くなったので次回書く事にします。


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074


    CategoryApidura BIZ CLOTHING & BAG Cannondale FRAME & COMPLETE BIKE PRODUCT Revelate Designs TOURING

2016/07/22  Short Trip 小淵沢

ショートトリップ小淵沢


image2.JPG


二子新地から小淵沢までのショートトリップをしました。都内は真夏な気温が毎日をおそいますが、行き先の天気は下り坂です。当然の事ながら、山梨は標高差が在るので寒さ対策を。といってもRapha Pro Team Rain Gilet一枚ですが、在ると無いとではまったく違います。備え在れば憂い無しです。


雨予報なので、サドルバッグはApiduraDryBagをコンパクトに折りたたんで向かいました。
従来のサドルバッグより止水機能が格段に上がった商品なので今回のライドにピッタリだと思い投入しました。バッグの中身はGiroのショーツ、ベルト、Tシャツ、充電コードのみでPack Light. Travel Far.後に気がつくのですが、この仕様に雨で濡れてグズグズになるサイクルシューズを見越して、ビーサンをバッグに括り付けるべきでした。


Apidura / Saddle Bag Dry Series / Various Size
Apidura / Saddle Bag Dry Series / Various Size


ショートトリップなら荷物はミニマムな方がいい。
大きな荷物を入れずに使用した印象ですが、バッグ本体の軽さも相まってこの仕様ならば、走行中にダンシングしても左右に振られる感覚は在りません。荷物を少なくした恩恵も在り快適の一言です。


あまり面白くないルートですが、小淵沢までのルートは、相模湖経由-20号で向かいました。上野原辺りで雨足が強くなり始め、携帯電話をジップロックに入れました。大月辺りでは真っ白になる程の大雨に見舞われ、少しタイヤの空気圧を下げて走り進めます。


もう少し下調べをしてから行けば良かったと、後悔したのは笹子トンネルでした。全長4000m路側帯無し、歩行者道も無し、大型トラックが猛スピードで行きかう生きた心地のしない恐怖のトンネルでした。迂回路は峠道なのですが、そこにもトンネルが在り+峠道。ここまでは順調に来ましたが、この恐怖のトンネルは正直お勧め出来るルートでは在りません。ワーストトンネル怖すぎます。


Kobuchizawa Short Trip


勝沼に入り、暑い日ならば桃狩りも出来るのですが、雨の日は営業していないお店が多い事を学びました。仕方がないので信玄餅ソフトクリームを食し体力を回復。程なくして甲府のホテルへ。恐怖のトンネルを抜けて、沢山雨に打たれながら走ったので神経が消耗しました。風呂へ入りジャージを洗濯する余裕を持ってその日は就寝。感動的だったのはサドルバッグの中身がシットリともせずまったく濡れてなかった事です。結構降られましたので、中身の洋服類は若干濡れている事を想像したのですが、それも皆無でした。ApiduraDryシリーズの本気を見ました。今回もうひとつ驚いたのは、GIROのEmpire VR90の乾きの早さが抜群でした。土砂降りの雨に降られれば、当然シューズも濡れるのですが、ホテルで濡れたシューズにタオルを押し込んでおいただけで、翌日はなんら問題なく普通に履く事が出来ました。これには驚きました。


翌日はすばらしい天気です。


‎Stoemper ‪× Apidura Saddle Bag‬
Kobuchizawa Short TripShortTripKobuchizawa
Kobuchizawa Short Trip


甲府から小淵沢までグーグルで検索すると、どうしても高速に乗るルートへ牽引されてしまうので、歩行ルートでナビ設定し壮大な山間の景色を観ながら目的地を目指します。すると何故か山道へと誘うので、「グーグル先生いい道知ってるな~」と独り言しながら登り、200m程上った辺りで舗装道が無くなって現れるグラベルへ。。アレ?と思いながらもタイヤが忌忌しきダメージを負わない様に50m程登ると深い茂みが現れ、まさかのルートクローズ。仕方ないので引き返しリルート。目的地へはギリギリ到着のミニアドベンチャー通勤でした。


Kobuchizawa Short Trip


小淵沢での用事を済ませ、近くまで来たので八ヶ岳BicycleStudioへ遊びに行きました。思ったより遠くないですね。久しぶりにRaphaの皆さんに会えて楽しい時間でした。
その後帰路に着いたのですが、Garminも充電切れ、夜でよい写真も無く淡々と走りAboveまで無事到着。バイクとバッグの汚れ具合はこんな感じです。パンクもせず、バッグの中身は濡れないで良きApidura Dry Bagのテストライドになりました。


Kobuchizawa Short Trip


僕のStoemperはディスクロードなので、雨天、荒天でも一定のブレーキングが得られ、当たり前だけど、やっぱり僕の使い方に合っています。ディスクロードはレース用だけでは在りません。リムブレーキよりも安心して走り進める事が出来、小石の跳ね返しを気にせず走れるスティール製バイクは本当に所有欲を満たせてくれます。本当にオーダーして良かったと改めて思ったのでした。


‎Stoemper ‪× Apidura Saddle Bag‬


繰り返しますが、まったくシットリせずドライな状態をキープ出来てましたし、泥除け替わりにもなるし、後ろ方向に長く詰め込むよりも、サドルから下方向に荷物を詰め込める点等など、使って見ると利点が更に理解出来ました。使用感というほど使っていないので、使用後の写真を貼り付けます。


Kobuchizawa Short Trip


Apidura Dry Bagはこちらで販売しています。これはとてもいい商品。お勧め出来ます。




ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryApidura Giro Giro STOEMPER

2016/03/21  Apidura Cycling Bag (アピデュラ)取り扱い始めました。

_MG_9190.jpg


イギリス生まれのサイクリングバッグ、Apidura(アピデュラ) 各種Bagの取り扱いを始めました。


実際に手にとってみると、パフォーマンスを邪魔しない事を大前提に、使い手の目線で細部まで丁寧に作りこまれているのが良くわかります。


陽射しが強くなるこれからの季節、このカラーリングはとても使いやすいですね。


自転車のタイプやサイズに合わせてお選びいただけるよう種類も豊富に取り揃えております。


ぜひAbove Bike Store店頭で愛車に合わせてお選びください。


Apidura / Full Frame Bag / Various Size
Full Frame Bag
圧倒的な容量を誇り、ロングツーリングはもちろん、日常の通勤やお買い物にも。


Apidura / Frame Bag Road / Various Size
Frame Bag
普段の町乗りや通勤でも使いやすいサイズです。MTB、ROAD用と、自転車に合わせてお選び頂けます。


Apidura / Saddle Bag / Various Size
Saddle Bag
ロールトップ部分を調節する事で、簡単に容量を調節する事が可能なサドルバッグ。ツーリングやキャンプには欠かせない頼れる大容量。


Apidura / Handlebar Bag / Various Size
Handlebar Bag
寝袋や衣類など、軽量で容量の大きなものを運ぶ際に最適です。


Apidura / Accessory Pocket / アクセサリーポケット
Accessory Pocket
Apiduraのハンドルバーバッグ専用のアクセサリーポケット。脱着が容易なので、貴重品等を入れて持ち運ぶ際にも便利です。


Apidura / Top Tube Bag / Various Size
Top Tube Bag
工具や補給食、携帯電話など、さっと取り出したい物を収納しておくと大変便利なポーチ。


Apidura / Food Pouch
Food Pouch
ステム、ハンドル、フォークの3点で固定し、ウォーターボトルや、補給食、携帯電話などを収納します。


どのアイテムもメインの素材はDimension-Polyant VX21。4層構造のファブリックは高い防水性、軽量性を持ち、裂傷や擦過傷に強く、伸びも極限に抑えています。特に擦れたり力が加わる事が予想される部分には超堅牢性のハイパロンを使用。


春を感じる季節になりました。いつもより少し遠くまで、自転車でお出かけしてみませんか?


自転車に取り付けるBAGは自転車との現物合わせでお選びいただくことが基本です。
店頭に豊富な種類、サイズ展開で取り揃え、皆様のご来店をお待ちしております。


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryApidura CLOTHING & BAG PRODUCT

  • Slate / スレートで行くツーリングの勧め。その2
  • Slate / スレートで行くツーリングの勧め
  • Short Trip 小淵沢
  • Apidura Cycling Bag (アピデュラ)取り扱い始めました。