ABOVE BIKE STORE

ABOVE BIKE NEWS

Home > News > PRODUCTRIMENVE COMPOSITES

2017/01/31  ENVE Composites Carbon Parts。

誰もが憧れのカーボンパーツ、ENVE Compositesのアイテムが各種入荷しています。


強度、剛性、耐久性、軽量性、全てにおいてバランス良く大変優れた逸品。


愛車のアップグレードカスタム、組み付けのご相談等お待ちしております。


*Disc Brake Cyclocross Fork
_MG_2003.jpg
ENVE Composites / Disc Brake Cyclocross Fork / 1 1/2" Taper 12mm Thru
ENVE Composites / Disc Brake Cyclocross Fork / 1 1/2" Taper 12mm Thru


*Road Fork 2.0
ENVE Composites / Road Fork 2.0 / 1 1/4" Taper 43mm Rake 400mm
ENVE Composites / Road Fork 2.0 / 1 1/4" Taper 43mm Rake 400mm
ENVE Composites / Road Fork 2.0 / 1 1/4" Taper 43mm Rake 400mm


*CARBON ROAD STEM
ENVE / Traditional Stem
ENVE / Traditional Stem


*SES Aero Road Bar
ENVE / Aero Road Bar
ENVE / Aero Road Bar
ENVE / Aero Road Bar


*SES 3.4 CARBON FIBER ROAD DISC RIM
ENVE Composites / SES Carbon Disc Rim
ENVE Composites / SES Carbon Disc Rim


ホイール組のご相談等もお待ちしております。


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    CategoryENVE ENVE COMPOSITES ENVE Composites ENVE Composites ENVE Composites ENVE Composites FRONT FORK HANDLE BAR PRODUCT RIM SEATPOST STEM & HEAD CAP WHEEL & RIM TAPE

2016/06/06  STOEMPER TAYLöR Disk Roadを組みました。

27384227125_65d1952aad_k.jpgのサムネール画像のサムネール画像


このバイクの名前はSTOEMPER (ストンパー)オレゴン州のユージーン・スプリングフィールドで生産され、アメリカンハンドメイドバイクです。約半年前にEffectでオーダーし同社のアトリエでリキッドペイントを施されて出来上がってきました。テイラー(スチールロードフレーム)をベースにディスクロードにカスタムオーダー。ISP(インターナルシートポスト)Di2ハイドロブレーキ仕様です。


僕のロードバイクの使い方は、ロードレースに使用する訳ではありません。もちろんオンロードを走ることがメインなのですが、普段乗りなれているダートトレイルを含むコースや、これからの時期に良くある、少々の雨の日にも十分にブレーキが効く様に、この仕様を選択しました。オーダーフレームなので当たり前ですが、その思惑は見事に的中しました。


フレーム構成は、TrueTemper社のS3チューブ(Super Light, Super Strong, Super Ride qualityの意)純アメリカ製軽量スチール素材でビルドアップされ、同社のOX PLATINUMチューブよりも屈強で軽量なスチール素材を使用。今まで実現する事が出来なかった重量領域と強度があります。とはいえ、ディスクロードという点でバイク全体の重量はMTBにも使用されるチューブの太さと、スチールフレームにISP仕様ですから、それなりに重量(概算8.5kg程度)があります。


でもコレで良い。軽量なカーボン製のフレームよりも、扱いやすさを優先しました。
ブランドネームの通り"STOMP"するバイクは、バイクの瞬発力を狙った作りを感じます。僕の好きな都内近郊の短いヒルクライムだったり、ライド中に繫ぐ事の多いグラベルやトレイルも、前輪が蹴り出す飛び石でダウンチューブへの忌忌しきダメージを気にせずに走る事が出来ます。


早速、ホームコースの城山湖~津久井湖や尾根幹周辺を300km程度乗ってみた感想は、とにかくチカラが伝わりカチッとした印象を受けます。一言で言うとパワーロスが無いといった印象で、良く進みます。下りでも安定感が素晴らしく、良く曲がり、そして良く止ります。ディスクブレーキなので、雨天でもブレーキの効きが安定した制動力。余程ガレた場所に行かなければブレーキシューやホイールを変えずに走る事が出来、前日の面倒な用意を軽減してくれます。


Stoemper



ChrisKing Angly Bee Sounds from AboveBikeStore on Vimeo.




先述しましたがホイールはディスクなのでブレーキシューによるダメージがありません。半永久的とは申しませんが、5年は使用出来そうなのでWicked Wheel Worksで組んだSmart Enve System 3.4 DISKにChrisKing R45Diskをおごりました。僕の体重75kgに対して24holesは少々不安もありましたが、シッカリとした剛性感は流石という印象です。ハンドル、ステムとフォークもEnveを使用。ISPのサドルクランプとマッチペイントを施して貰いました。カーボンパーツは今までにいろいろ使用してきましたが、Enveは他社製に比べてヘタリが非常に少ないと思います。結果、スチールフレーム同様。長く使える良い物という点で、各ビルダーがEnveを勧めるのも頷けます。


Stoemper


右リアブレーキとDi-2エレクトリックコードはトップチューブの中を通すインターナルルーティーンでオーダーしました。過度にステンレス管を繋ぎ、各ワイヤーを中通しすると、重量増なのも事実。トップチューブのブレーキライン以外は、既存のチューブを使用した作りにも感心させられました。アウター受けや、ダボ穴も無く、見た目がスッキリ。流石のDi-2なのでシフティングにストレス皆無、とても気に入っています。


Stoemper
Stoemper


長々と紹介しましたが、AboveBikeStoreではサイズやジオメトリーのご相談、採寸に至るまで、カスタムオーダーやセミオーダーフレームのご相談を随時受け付けております。スチールフレームならば、比較的安価に自分の体にフィットしたフレームを製作する事が可能です。取り扱いのブランドも各社取引が御座いますので、先ずは店頭まで直接ご相談ください。


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074


Stoemper

    CategoryCHRIS KING HUB ENVE ENVE COMPOSITES ENVE Composites ENVE Composites R45Disk STOEMPER

  • ENVE Composites Carbon Parts。
  • STOEMPER TAYLöR Disk Roadを組みました。