ABOVE BIKE STORE

ABOVE BIKE NEWS

Home > News > MAINTENANCE

2016/06/06  自転車ホイールメンテナンスの薦め。

_MG_8682.jpg


このパーツはスポークとニップル。


ステンレスのスポークと、アルミ製、もしくは真鍮製のニップルを良く用いて自転車のホイールを編みたてるのですが、


自転車のパーツの中では皆さんにあまり興味を持たれない。割と地味なカテゴリーに入るパーツです。


スポークとニップルにはオスとメスの関係性があって、太さや長さの各サイズと、ネジ状に切れ込みがたてられています。


この一本一本には、とても大切な役割があります。


自重を分散させ、安定したコーナーリング性能を引き出したり、スピードを出したい時や、ころしたい時に動力を路面に伝える事。


共にハブやリムの特性に応じて、編みたて方や、スポークテンションの強弱でもホイールの反応が変わってきます。


何を言いたいのかというと、大切なメンテナンスの薦めです。


適切なスポークのテンションでホイールが組まれているかを確認してみてください。


目安は約1年程度。該当する使用期間のホイールはリムの振れやスポークテンションの緩みが発生しています。


先述したとおり、ネジです。いくら精度が良くても緩みます。グラベル等の悪路を走破する事が楽しくなっている方はご留意頂きたい事。


それらを適切に保つ事で、気持ちよく走る高価なパーツを長持ちさせる事が出来ます。


スポークとニップル。自転車のホイール性能にとって、とても大きな役割を担っているのに、地味なパーツゆえに忘れられがちです。


僕達AboveBikeStoreでは、ホイールの振れ取り作業を1000円~行っています。


これから雨の季節、晴れた日に気持ちよく走れる為のホイールメンテナンスをお勧めいたします。


詳しくはお店まで直接お電話でお問い合わせください。


Sapim Spoke


ABOVE BIKE STORE
毎週水曜日定休
Open 12:00~Close 20:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    Category MAINTENANCE BIZ PRODUCT SPOKE WHEEL & RIM TAPE WHEEL BAR Wheel True

2013/11/17  人気のTools & Chemicalをご紹介!

今日は非常に良い天気でまさに自転車日和といった天候ですが、急に寒くなってきましたね。

自転車に乗る機会の減ってしまった方も多いのではないでしょうか?


久しぶりに自転車に乗ろうとして、例えば空気が抜けてしまっていたり、異音がしたりする事もあるでしょう。

今日は店頭・WEBストアで人気&オススメのメンテナンスグッズをいくつかご紹介します。

頻繁にするべきメンテナンスとして、空気圧の管理・チェーンの洗浄、オイルの塗布・洗車が上げられると思います。


空気入れでベストの空気圧にしておくのはもちろんですがなるべくパンクは避けたいものです。
このStans NOTUBES Tire Sealantはタイヤ及びチューブの中にあらかじめ入れておけば穴が空いても、それほど大きな穴ではない限り、シーラントが瞬時に穴をふさいでくれます。


sealant.jpgのサムネール画像


スローパンクしてしまったチューブラータイヤなどにも効果的です。
チューブレス導入の際にも大事ですね。
価格もお手ごろなので試しに使ってみてはいかがでしょうか?



次はチェーンオイル。
低フリクション且つメンテナンス頻度の低いものが人気です。


まずはViprosのMUONの紹介です。


muon.jpg


高荷重型低フリクションタイプで、その名の通りチェーンにこちらのオイルを注すことで、
驚きのパフォーマンスを発揮し、低速時・高速時ともに耳障りな音が無くなります。
また防錆添加剤も配合されています。
チェーン錆びさせがちな方は事前にこちらを使いましょう。


続いてGROWTAC GT-OILです。


gtoil.jpg


ストップ&GOを繰り返す部分の多い自転車に特化したオイルです。
雨天時の走行においても油切れを起こしにくかったり、粘度の安定性が良いので、長距離、長時間の乗車でも安定した潤滑を可能にしています。
何よりケミカルが「消耗品」であることから低価格にこだわって開発されているようです。
「大事なのは中身!」との開発者様のお言葉が心強いです!


最後にスタッフ間でブームのViprosのClean Innovatorをご紹介します。


cleanino.jpg


いつでも綺麗な状態をキープしたい物ですが汚れを落すのは結構面倒ですよね。
ViprosのClean Innovatorは吹き付けて柔らかい布で拭くだけで汚れも落ちて、同時にコーティングも完了!
新品時のツヤがよみがえります。
また、塗装面だけでなくガラスやプラスティック製品と多くの物に使えるので一家に一本あると重宝するはずです。
お時間のある方はこちらの動画もどうぞ。



紹介しきれていないいい物も沢山あるのでその他メンテナンスグッズ、Tools & Chemicalもチェックしてみてください。
お気に入りを見つけて調子のいい自転車に乗って楽しみましょう!


今回ご紹介したアイテムはコチラからどうぞ
Stans NOTUBES Tire Sealant
Vipros MUON
GROWTAC GT-OIL
Vipros Clean Innovator


ABOVE BIKE STORE
(不定休)
Open 12:00~Close 21:00
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    Category MAINTENANCE

2013/01/26  自転車簡単メンテナンス その1

忘れがちな自転車の掃除。誰でもできる簡単なメンテナンスの一つであるチェーンとフレームの掃除とオイルアップ。それに適したケミカルを紹介していきます。

0.jpg




まずは一番汚れやすいチェーン。パーツクリーナーを使って汚れを落としていきます。


cleaning


汚れが酷い時はブラシなどを使って汚れを落としましょう。



綺麗に汚れが落ちてパーツクリーナーが乾いたらチェーンオイルをチェーンの内側に差します。丁寧に一コマづつ差していきます。


oil up



クランクを回してオイルを馴染ませたら終了。


crank mawasitemasu



チェーンは走りに影響してくる箇所なので汚れたらではなく、なるべく汚れる前に掃除、オイルアップをしましょう~



続いてフレームの汚れにはコレ。


Viprosのクリーンイノベーター。50mlと180mlの2サイズあるので使用用途に応じて大きさを選べる親切ラインナップ。

vipros clean innovator



フレームにスプレーしてウエスで拭くだけ!汚れも落ちて表面コーティングもされて更に撥水効果もある優れもの。


steel era
steel era
steel era





そしてフィニッシュにはコレ。


hanasakaG



アルミパーツや小さい小傷には、クリーナーとコンパウンドが一つになった「花咲かG」を使いましょう。


hanasaka before after



くすんでしまったWhiteindustriesのクランクをみがいてみました。

マスキングテープより向かって右側。一目瞭然、新品みたいにピカピカです。


フレームやパーツについた小さな擦り傷小傷なら花咲かGで一撃!くすんでしまったフレームやアルミパーツなど復活させる事ができるのです。



見た目が美しくなるのはもちろん、汚れが溜まっていると自転車の寿命を縮めるだけでなく故障の原因にもつながります。

自転車はモチベーションの乗り物です!ピッカピカ綺麗にして、気持ちよく快適に乗りましょう~


お掃除アイテムやメンテナンスアイテムはこちらです:)

種類も豊富に取りそろえております。
お好みや用途に合わせてお選びください。




ABOVE BIKE STORE
(水曜定休)
213-0002
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
044-712-0074

    Category MAINTENANCE CHEMICAL FINISH LINE Portland Design Works Verity Vipros 花咲かG

  • 自転車ホイールメンテナンスの薦め。
  • 人気のTools & Chemicalをご紹介!
  • 自転車簡単メンテナンス その1