どうしてもチューブレス化が上手くいかない!?方は必見!

2020年新しい年を迎え、新しい事にチャレンジする機会ですね。そしてシクロクロスのシーズン真っ只中。今日はチューブレス化で皆さんのお悩み解消にお役立出来ればと思い書いてみました。


シクロクロスタイヤを履こう(先シーズン使っていたタイヤを用いてチューブレス化)としたら、あれれ、空気が盛大に漏れててタイヤが膨らまない。。

そんな、チューブレス化がどうしても上手く行かなかった人がにHOW TOチューブレス動画をご紹介します。ゆっくりと説明してますのでどうぞ最後までご覧ください。

癖のついたチューブレスタイヤはシーラントの影響で内側にカールしやすくなります。新品でもこういうタイヤ、実は良く在るんですよね。

内側にカールしたタイヤはリムのビードベッドに乗り難くなってしまうのでバルブコアを外し、空気の入れる際、流速ロスが出ないようにします。コンプレッサーのエアバルブはブロアータイプとフレンチタイプ2種類あると便利です。それでも癖のついたタイヤは内側にカールしてリムのビードベッドに戻りにくい時が在ります。*ダメ元でバルブコアを戻し空気を入れてみますがやっぱり戻りませんでした。高圧の空気を送り込んでもタイヤとリムの間から盛大に空気漏れしているのが原因です。

そんなときに僕達はこんな裏技を使います。梱包用のPP小巻バンドとバンドを固定する留め具です。これをタイヤの外周に巻き付けます。PPバンドを巻着けることでタイヤのカールを抑え込み、強制的にリムとタイヤの密着度を高めます。実際にやってみましょう。タイヤの一番外周にシッカリと巻きつけ、ズレ落ちないように真ん中を意識して下さい。バンドのテンションを高めるのには結構なチカラがいる作業なのでPPバンドは予め少し長めに取っておいて下さい。バンドを締め付けることで内側にカールしたタイヤが外側に戻ろうとします。タイヤが内側に押し潰されているのが分かります。PPバンドを巻きつけ、外周から内側へテンションを掛けたら、タイヤのトレッドパターンの端を掴み、外側に開かせて下さい。タイヤビードが中央内側に戻るチカラを防ぐ為に強制的に開いてください。その作業をタイヤ外周に全て施し、バルブコアを抜き一気に空気を入れ込みます。


誰に教わった訳でもなくアンオフィシャルなやり方で恐縮ですが、なんとかしなくちゃいけない一心で編み出された現場発のやり方です。

空気が入ったらバルブコアを入れてからPPバンドを外します。PPバンドを外したらホイールを回転させてタイヤビードが全部上がっていることを確認してください。ビードベッドに上がりきっていないと、ホイールを回した際に凸凹します。その場合はエア不足ですので空気を再度入れてビードをシッカリ上げて下さい。再度バルブコアを抜きます。タイヤがビードベッドに上がれば安定しますのでタ