フルカスタムでお組みした、SURLYのファットバイク Pugsleyをご紹介します。



今回ご紹介するのは、フルカスタムでお組みしたSURLYのファットバイク、Pugsleyです。


SURLYは元の会社名は1x1という名前でした。 黎明期からずっと続くモデルもあれば、残念ながら無くなってしまったモデルもあります。

が、ただ消滅したのではなくて、時代に合わせて進化を遂げているのです。


たとえば、SURLY唯一のロードモデルだったPacerはディスクロードとしてMidnight Specialに。

26'+のセミファットバイクだったInstigatorはKarate MonkeyやKrampusに。


Pugsleyもそのひとつで、設計思想は1x1を受け継いでいます。




ファットバイクといえば、この極太なタイヤ。 45NRTH / Husker Du 26x4インチ。ノブが少し高めです。



ハンドルはNITTO×ジェレミー・シシップのコラボモデルのひとつ。

クルーザー型はJB Barといいます。





今回のバイクには、いいものを作り続けた結果潰れてしまった会社のパーツや、時代の移り変わりによって淘汰されてしまった規格のパーツがふんだんに盛り込まれています!

懐かしのMiddleburnのクランク。マッシブな印象で、このバイクにとても似合っています。 ファットバイクはケイデンスよりトルク重視。タイヤのトラクションを掛けてゆっくり上っていくことが多いです。 フレームはSサイズですが、クランク長はあえて175mmにしてあります。




これも今は無くなってしまったPoint One Racingのペダル。 コストの掛かるペダルやステムをアルミの削り出しで製造していました。




ブレーキレバーはPAUL / Canti Rever。 名前にCantiとありますが、ショートプルブレーキであれば使えます。



このPugsley、ディスクブレーキではなくカンチブレーキで組んであります。 車重がある上にカンチブレーキだと停まらないのでは? と思いましたが、まったく問題ありませんでした。素材の硬さから来る、制動力を実感しました。


サドルはSelle Anatomica / X1。これも現行にはない仕様のモデルです。 このサドルはとてもお尻に馴染みが良く、体格のいい方が乗っても壊れづらいです。 シートポストはステムと合わせてSim Works / Beatnik Seat Post。




キャリパー用かつ135mmエンドのハブはなかなか調達に苦労します。 このニッチなハブをChris Kingが作ってくれていました。が、当然これもディスコンになっています。


RDはSRAM / X9、スプロケットはWolf Tooth / Giant Cog。





ペイントはSwamp Thingsにて施しました。

シルバーメタリックにラメが入った塗装です。 今回はカンチブレーキで組んであるので、ディスクブレーキ台座は無くてもいい、いわば、無用の長物。 使わないものをあえて派手に塗装してみました。

ヘッドセットはペイントとマッチさせつつ全部バラバラ。これ、やってみたいって人結構いるんじゃないですかね。



 

2004年ごろの1x1は、カンチとディスクのコンパーチブルフレームでした。 「保証は効かなくなるけど、カンチ台座をカットしてLarge Mergeのリムをディスクハブで組めばファットバイクとして使えるよ」というアナウンスがありました。


↑これが当時のカタログに掲載されていたLarge Mergeの紹介文。