秋ヶ瀬の森バイクロアご来場ありがとうございました

バイクロアは僕が一番大好きな自転車イベントで、はじまったのは2011年。秋ヶ瀬からスタートしたんですが、”はじめてのレースはバイクロア” ”大人とこどもの自転車運動会”こんなフレーズがついていて*今もついているのかな? 現在の こどもの森広場ではなく、お隣の 希望のくに広場がメイン会場でした。もうすでに懐かしい。

希望のくに広場を使用させて頂くにあたり、会場内でコースを設置するにも不法投棄が沢山あって、子供たちや”はじめてレース”をする人達へ安全が確保できない。”はじめてレース”する人たちに優しくないコースを生まれ変わらせるべく、まずはコースを設置する会場清掃活動からスタートしたのが、僕がこのイベントに関わった最初でした。たしか、、”秋ヶ瀬でお弁当を食べる会”みたいな会名。その清掃活動に携わっていた方々は、バイクロア中の人は元より、ボランティアスタッフ、出展者として 今なおイベントを中心的に盛り上げていて、規模は天文学的に大きくなっていますが、その頃から手作りイベントなのは変わっていない気がします。もうほんと懐かしい。


はじめてシクロクロスした時の写真フルフェイスが苦しかった思い出。


普段、バツゲーム以外で清掃活動なんてやった事が無いメンバーが秋ヶ瀬に集まって清掃なんかしたもんだから、出て来る出て来るトラック3杯分の溜まりに溜まった不法投棄の山々。廃タイヤ、廃トラックまで出てきて、イベント前日に大雨まで降っちゃって。と良くない三拍子が出きった事で、イベント当日は好天に恵まれて。コースは”はじめてレース”って言ってるのに重馬場。シクロクロス日和になったのでした。楽しかった運動会。参加者のバイクを眺めて文化祭。そんなところは今も変わっていませんね。




何度も言いますが僕はバイクロアが一番好きなイベントで、今回で11回連続で出店させて頂いていて、”中の人”から「いつもながら今回も全然手が回らなくて、粗相があったらほんとごめん。だって、いつも作っているTシャツすら作れてないんだもん」なんて呟かれたら、、何か協力出来ないかなぁって思っちゃうじゃないですか。*第一回目はバイクロアのオフィシャルグッズが無かったんで存在してないんですが、


第二回目からAboveBikeStoreは何度となくバイクロアTシャツ製作をお手伝いさせて頂いて、デザイン*弊社スワンプ手書きと製版*弊社スワンプ手刷りのオフィシャルグッズ製作をさせて頂きました。

今もバイクロアプライズのトップキャップに使われているこのデザイン。見覚えある方も多いはず!これもSwampのレタリングなのです。



今回は”中の人”の呟きから産声を上げた、世にも珍しいオフィシャルに限りなく近いアンオフィシャルブートレグTシャツで、冬の深まる夕暮れ時に秋ヶ瀬会場に在る色を表現しました。名付けて秋ヶ瀬バイクロア”マジックアワー”Tシャツを復刻版として作りました。


もう何度も製作させて貰ったけど、フクロウモチーフも良いし、メタセコイヤの並木バージョンも大好き。そしてなぜか丸太のシケインを見ているとチョコレートが食べたくなるのは僕だけでしょうか。


まあ、そんな訳で季節感もなくTシャツを沢山こさえましたんで宜しければお買い進め下さい。いつもありがとうございます。バイクロアLOVEの皆様へ感謝。



このグッズの売り上げはバイクロアの運営費に100%寄付され、購入された方はバイクロアヘッズの称号を得る事となります。Tシャツ製作費は僕たちの自腹です。だからみんな出来たら現金で買ってね。

あとがき

僕の好きなバンドにグレイトフルデッドっていう、ヒッピー文化を代表するようなバンドがあるんですけど、グレイトフル・デッドの熱狂的なファンや愛好家は”デッドヘッズ”と呼ばれていて、常にコンサートをツアーでやるライブバンドだったんで、多くのファンが彼らのツアーを追いかけながら生活し、アンオフィシャルのブートグッズが生まれバンドもファンのコミュニティ形成を促進し、自らの時間と才能をコミュニティ形成につぎ込み、デッドヘッズのブートプロダクトを許していた事を思い出しました。


Who are you? Where are you?  How are you?

send us your name and address

and we'll keep you informed

Dead Heads


秋ヶ瀬バイクロアTシャツはコチラで販売しています。



閲覧数:322回0件のコメント

最新記事

すべて表示