自転車ヨコハマ百景〜4.横浜橋商店街

商店街。かつてどこの街にもあったはずなんだけど、最近では活気ある商店街に出会うと「ぉ。ここはいいな!」と珍しげに足を止めるほど稀な存在となっています。

駅前商店街が再開発により駅ビル化。地元商店の一部は駅ビルに入居し、駅ビル周辺にあるのは飲食店とスーパーと病院、なんてパターン。郊外駅あるあるだよね。例えば横浜から近いところで言うと戸塚がそう。


駅前ビルに集約されることで便利になる一方で、ふらりと自転車で立ち寄って買い回れる商店街スタイル、と言うのは私たちサイクリストにとっては引力が違う。そう引力。

横浜にはまだ活気ある商店街が残っている。ここ横浜橋商店街は中でも立派なアーケードを備える全天候型商店街だ。


「いきな下町 よこはまばし商店街」


通りの幅はたっぷり広く取られているけれど、いつも人が多く賑わっていてボーッと歩いているわけにはいかない。両側から迫り出す店、店、店からの情報量が多くて目が忙しい。

あ、言うまでもありませんが、商店街の中では自転車は押して歩きましょう。

この商店街で目立つ海産物を扱う中国系鮮魚店。丸ごとのお魚がスチロールの箱に詰まったまま積み上がっている。これ、自分で捌けないと話にならないやつよね…と思いながら手が出せずにいます。

以前、上海蟹のシーズンにここに探しに来た時はいくつもある鮮魚店すべて回った末、どこにもおらず、結局中華街の鮮魚卸数店舗でしか取り扱いがないことがわかりました。ちなみに、上海蟹は生体販売の場合、飲食店の営業許可証が必要です。ちゃんと食えよ、飼うなよ、放すなよ、ということなのでしょうね。

今年の秋こそ、上海蟹買って自宅で蒸したい。上海蟹ビリヤニも作ってみたい。

中華系食材も豊富で、中華街で買うよりちょっと、いやかなり安いんじゃないかな。みてみて。ピータンが1個50円!嬉しい〜!100円の豆腐と78円の白葱買ってさ、大好きなピータン豆腐がお手頃に食べられちゃうよ。あーこれ書いてたら食べたくなってきた。

ちなみに、中華系だけではなく、本当に多いのは韓国系。

韓国系食材店、キムチ専門店がたくさんあります。たくさんありすぎて、まだ全部の店をまわりきってないんだけど、好みに合うお店が見つかるとこれまた楽しくなる予感しかしません。チャンジャも、ゴマの葉キムチも、切り干し大根のキムチも…どれも美味しそう!

トッポギ、チヂミをテイクアウトできるお店もあります。これ買って、商店街出たとこにある大通公園でピクニックするのも楽しいね〜。


さぁ、ちょっと小腹がすいたからおやつにしよっか〜。おいしいたこ焼き屋さんがあるんだよね。

って、わたしのお気に入りの特等席に先客が!残念。

食材の買い出しに来たついでに、ここに座ってたこ焼きをふーふーしながら、往来する人たちを眺める時間が好きなんだけど、ボトルのお酒の残量をしきりに気にしながら楽しんでる?お兄さんにこの場を譲って、今日のところは撤収。

関西出身のちゅなどんが「ここならば」と推すたこ焼き屋です。お近くにお越しの際は是非お試しください。本当においしいよ。


庶民的スタイル、ザ・ニッポンの商店街、といった風情のよこはまばし商店街ですが、その中身は国際化が進むアジアン商店街。


好きな人にはたまんない空気感、あります。

SUPER PROFESSIONALのカスタムはコチラウェブストアに詳細があります。

SUPER PROFESSIONAL、フレームの当店在庫は一部サイズ欠品が出てきております。お問い合わせはお早めに!お待ちしております。


#allcity

#superprofessional

#wickedwheelworks

#ウィキッド

#abovebikestore

#waldbasket

#mkspedal

#自転車ヨコハマ百景

#findyouryokohama

閲覧数:94回0件のコメント