Race Faceのフラットペダル4種類を比較してみる。



今日はRace Faceのフラットペダル、Aeffectをご紹介します。 このペダル、付属のワッシャーを取り付けることでピンの高さを変えられます。

どのくらい変わるんでしょうか?やってみましょう。




まず、付いていたピンを一度外し終えました。

スレッドには何も塗られておらず、結構固いので指をケガしないように作業してください。

固着しないように外したピンのスレッドにグリスを少量塗り、ワッシャーを噛ませて戻していきます。


ちなみにペダルひとつに20本のピンがあります。合計40本の作業です。





左がワッシャーを入れたペダル。 違いが分かりますでしょうか?

高さを測ってみたところ、

ワッシャーなし:5mm ワッシャーあり:4mmになりました。


ピンを低くすることで、アウトソールの柔らかいシューズやペダルヒットしたときのスネへのダメージを減らせますし、1mm変わると使用感はだいぶ変わります。








ちなみにRace Face / Rideの樹脂ピンも測ってみたところ、4mmありました。

見た目が格好良く、価格も抑えられてて、最近はお客様もこちらを選ばれることが多いんですが、 個人的にはRIDEはあくまでも街乗り専用というスペックかなと思います。


同じ4mmのピンがあっても、メタルピンと樹脂ピンではシューズの食いつきがまったく違います。


もしこれからMTBを買って、トレイル・里山・林道に行こうかな…と思っているなら間違いなくメタルピンがオススメです。


メタルピンの付いたペダルを選ぶうえでのコツとしては、

ピンが折れても交換ができるようなモデルを選んでください。

Aeffectには、4本スペアのピンが付いています。







こちらは弊社が取り扱うRace Faceのペダルの中でのトップグレードモデル、Atlas。

ピンの高さは5mm、Aeffect同様、ワッシャーが付属します。


4つのフルシールドベアリング。

シャフトに向かってコンケーブした形状をしており、

最外周のピンを内側へ偏向させることで抜群の固定力を誇ります。


AeffectとAtlasはメタルボディにメタルピン。

Rideは樹脂ボディに樹脂ピンが成型されています。



さらに、Chesterというモデルがあって、これは樹脂ボディにメタルピンという仕様です。

ピンの高さは4mm、片面あたりのピン数がAeffectの10本から8本に減り、スペアピンが付属しませんが交換は可能です。

価格が6,500円と初心者にも優しいです。



弊社WEBストアからご注文いただけます。

Race Face / Aeffect / フラットペダル http://starfuckers.shop-pro.jp/?pid=149123486 Race Face / Chester / フラットペダル http://starfuckers.shop-pro.jp/?pid=149137041

Race Face / RIDE / フラットペダル http://starfuckers.shop-pro.jp/?pid=148227361

Race Face / Atlas / フラットペダル

http://starfuckers.shop-pro.jp/?pid=150886626


YouTubeチャンネル:Above Bike Visionsにてさらに詳しくご紹介しておりますので、こちらもご覧ください。


0回の閲覧