SURLY BIKES Troll・サーリートロルをご紹介します!


今日ご紹介するバイクはSurlyTroll・サーリートロルです。


トロルの特徴その1。

大振りのドロップアウトはこの穴を追加したかったから。


ロングホールトラッカーが長距離トラックの運転手だとすればLHTは4tロングのトラック。トロルはトレーラーを引っ張るトレーラーヘッドトラクターのような役割で開発されたのがこのバイクの始まり。


トロルの特徴その2。

26インチを諦めないブランドの意地を感じるプロダクト。


26インチホイールで650Bより少し小さくなれば、同径でタイヤが太くなった分、サスペンションの役割を。そしてパンクリスクを回避出来る十分なエアボリューム2.5インチ幅のタイヤがインストールされています。


そこがSurlyの真骨!トップグレードパーツの組み合わせではなく、26インチを諦めず、真のユーザーフレンドリーを追求するブランド性。小ぶりだから出来る事を理解し日常に目線を合わせたスポーツバイク。


それこそがSurlyTroll・サーリートロルです。 あだ名をつけるとすれば、Trail Tracktor/トレイル トラクターそんな言葉がハマります。カスタムするとホイールを交換出来ます。26インチ2.5インチタイヤ⇒650B47cタイヤが装着できるクリアランスがありますよ。




タイヤもサーリー自社で開発そして発売されています。E.T. タイヤ(*エクストラ・テレストリアル*地球外生命体の意)スペシャルな部分を発見しました!ブロックのウォールが張っていてコーナーでグリップしやすく、そしてそしてブロックの合間には起毛するようにドットパターンが在ります。最初は空気圧を上げてチューブレスタイヤを安定させ、安定させた後に空気圧を落として乗ると、、、このドットパターン!コレはグラベルで効きますよ~



トロルの特徴その3。

スペシャルな部分SHIMANOのパーツを多く使用しています。




日本ではメンテナンスに出しやすく、補修パーツも手に入りやすいのが特徴。質実剛健なパーツが沢山使われていますし、目に見えにくい実質的な装備品が高水準でバランスをキープされていることに、組み付けしながら気が付きました。重たいものを積んで走るトラクターですがトラクターだけで走っている姿を想像してみて下さい。



トロルの特徴その4。

アップデートされている部分を発見しました!クラストバイクと同じ仕様で、ヨークが追加されています。


ヘッドチューブも長く、フレームトライアングルが大きく取られて剛性感が増しています。ハンドルはジョーンズバーが。



ロングツーリング